Gunosyのカルチャー、はたらくひとを知る「グノシル」

Borderless Talk vol.2~ポジションに関係なく、対等だからこそ上手くいく組織

こんにちは、採用広報のやざわです。

Gunosyで働く【先輩と後輩】、【上司と部下】にフォーカスした企画 「Borderless Talk」 第2弾は、「グノシー」の開発とマーケティングを担うお2人の対談をお送りします。ぜひご覧ください。

f:id:gunosy_media:20190711131636j:plain

Profile

大曽根さん(写真左)/執行役員 兼 グノシー事業部 部長
筑波大学大学院博士後期課程修了。博士(工学) 前職の株式会社サイバードではデータ分析部門の立ち上げを経験。2015年Gunosy入社後は、「ニュースパス」「グノシー」の記事配信アルゴリズムの構築およびユーザ行動分析担当し、2018年9月に執行役員に就任。現在、グノシー事業と兼任して、データを活用し、「情報を世界中の人に最適に届ける」ための組織「Gunosy Tech Lab」を牽引する。

山本さん(写真右)/グノシー事業部 リードエンジニア
筑波大学卒業後、2017年Gunosyに新卒入社。入社前はtoC向けアプリ開発のクライアントサイドを経験。新コンテンツとして立ち上がったライブ動画の開発を成功させ、現在はグノシー事業部開発チームでリードエンジニアを担う。現在ではAndroidアプリ、サーバーサイドを担当。

実務経験で得られた技術力

Gunosy入社までの経歴を教えてください

大曽根
大学院では機械学習の応用についての研究をして博士号を取得しました。研究を続けることも考えましたが、リアルなデータを用いたプロダクト開発をしたいと思い、企業に就職しました。入社から1年経った頃、ビッグデータのブームが起こったのをきっかけにデータ分析部門の立ち上げに加わりました。そこで、ゲームの分野においてデータを用いた事業推進を担当していました。

山本
高専を卒業後、筑波大学に編入して自然言語処理と機械学習を学んでいました。アプリエンジニアとしての技術を身に着けたのは、大学3年生の頃にアルバイトしていたベンチャー企業でAndroidアプリの開発を担当したことがきっかけです。そこでの実践経験はとても貴重で多くのことを学びました。今しかできないことをやりたかったので大学を休学して正社員になることを決め、その後約2年間働きました。

転職のきっかけや決め手は何ですか?

大曽根
転職先にGunosyを選んだきっかけは転職エージェントの勧めです。今後データの活用幅が広がると感じていたので、多様なデータ活用を考えている企業への転職を検討していました。当時のデータ分析ブームもあり、大手企業への転職も考えていました。ですが、元々アカデミックな背景から作られたサービスとしてのGunosyには注目していましたし、データに強く、高い技術力を持っていたため応募することにしました。

面接から入社までの間には、創業メンバーである福島さん、関さん、吉田さんの3名と話す機会がありました。データ分析や推薦アルゴリズムなど、当時の一般企業では、機械学習を実際のプロダクトで活用し成果を出している事例は少なく、こんなにも同じ領域の話で盛り上がれる企業はなかなかないと思い、入社を決めました。

山本
僕がGunosyを知ったのは、技術力や知識の幅を広げたいと考え、転職活動をしていた時です。「ニュースパス」の両OS開発した前CTO松本さんが面接を担当してくれました。そこではエンジニアの技術の話からアプリについてまで様々な話をしていただき、Gunosyなら自分が1番成長できる環境だと感じ入社を決めました。すぐにでも正社員として入社したかったのですが、休学期間も終わるタイミングだったので、初めは大学に通いながら業務委託として参画することになり、卒業と同時に入社しました

初対面から感じたお互いの能力

お互いのことをどのように思っていますか?

大曽根
舜さん(山本さん)には、僕が「ニュースパス」のデータ分析を担当していた頃に初めて会いました。アプリエンジニアとして大学生が入ってくるという話を聞いていましたが、すぐに彼の技術力の高さを感じたのを覚えており、正直『本当に学生?』と思ったのが第一印象です。(笑)

そして、舜さんは「ニュースパス」の開発担当になってすぐに機能実装だけでなく、記事表示の高速化などパフォーマンスを上げるための改善策まで提案してくれることが多々ありました。それも空き時間などにパパッと作って見せてくるので、とても即戦力になる人だなと驚きました。余談ですが、あの時、舜さんが改善策として開発してくれた表示高速化技術は「グノシースポーツ」に実装されています。

f:id:gunosy_media:20190711131759j:plain

山本
技術力が高いと言っていただけるのは嬉しいですね。ただアプリエンジニアとして、アプリを今よりも使いやすくスムーズに動かしたいという思いが根本にあるので、改善策を考えることはよくあります。

僕が大曽根さんと初めての会話で覚えているのは、「ニュースパス」のログ分析のことで相談した時です。第一印象はとても真面目な人で、根気がいるような細かい分析も成果がでるまで地道に繰り返し行い、一言でいうと『研究者肌』の方だと思いました。今ではデータ分析者・プロダクトオーナー・執行役員と様々な顔を持っていますが、すべて変わらず最善を尽くされるのでマルチな一面も尊敬しています。

f:id:gunosy_media:20190711131858j:plain

認めているからこそ助け合える関係

2人の関係性について教えてください。

大曽根
僕たちは役職だけ見ると上司と部下になるかもしれませんが、得意な能力を活かしてお互いを助け合うようにしています。そのため、技術面は舜さんに一任しており、新技術の検討なども彼に主体で動いてもらっています。そのほうが継続的なサービス改善に繋がると思うからです。

採用面に関しても意見や提案をもらうことが多く、例えば「こんな事やりたい」と僕が言うとすかさず「それなら、こんなエンジニアを採用したほうが良いですよ」と最適な人物像を教えてくれるのでとても参考になります。

そんな中で、僕が気を付けている点としてはマネジメント領域において皆の負担を少なくすることです。マネージャー職のメンバーには管理について考えてほしいのはもちろんですが、彼らにも技術を通して活躍を見せてほしいので、事業部全体のパフォーマンスを高められる環境作りが僕の任務だと思っています。

山本
大曽根さんは、自身もエンジニアであることもあり、よく同じ目線での職場環境や業務分担について現場の声を聞いてくれます。サービス改善の検討だけでなく、そういった働き方について耳を傾けてくれるのはありがたいです。

また、僕たちはサービスにおいての中長期的なビジョンをよく話すことがあります。そんな時は、大曽根さんがプロダクトオーナーとして市場感やユーザー動向など多くの情報から進むべき道を割り出してくれます。一方で僕はリードエンジニアとして、その方向への最短経路を考え、技術的部分で取捨選択していくよう役割を分けています。

f:id:gunosy_media:20190711130125j:plain

10年後は誰も分からないから今できることをする

今後の目標はありますか?

大曽根
これは個人・組織どちらも当てはまる事ですが、変化の激しい世の中なので、出来る領域が広いエンジニアを増やしていきたいと思っています。例えば、Androidエンジニアは十数年前には職種としてありませんでしたし、フィーチャーフォンの頃はHTMLが書ければ人気サービスが作れる時代でした。だからこそ技術の幅を広げていくことは自身のキャリアにも繋がりますし、会社はそういった多様な人材を入れることで成長していくと考えています。

「グノシー」に関してはコンテンツの細分化をしていきたいと思っています。これまでユーザーの趣味趣向に合わせた専用のコンテンツを増やしてきましたが、今後もより多くのユーザーに満足してもらえるよう、配信できる情報の幅を拡大していく予定です。

山本
僕も同じ意見です。様々な技術を身に着け、今よりも数字に貢献できる開発がしたいですね。Gunosyでは1人あたりの裁量が大きく、フルスタック*1なエンジニアが多く在籍しています。手を上げればやらせてもらえる環境なので、ある意味自由すぎて何をしたらいいのか迷うかもしれません。ですが、その中で今後なりたい自分を明確にしていける人は、必要な技術や知識を見逃さず掴めると思っています。

僕自身、バックグラウンドはAndroidエンジニアですが、任されている領域は幅広いです。入社当時はGo言語が書けなかったのですが、今では能力として身についているくらいです。また、最近はAWS SummitBCU30などのエンジニア向けカンファレンスに登壇させていただく機会が増えたので、話せるレパートリーを増やすことも目標の1つです。

f:id:gunosy_media:20190605165658j:plain

Gunosyでは、一緒に働くメンバーを募集しています。

ご興味がある方、ぜひカジュアルにお話しませんか?下記リンクより、ご連絡お待ちしております。

*1:多くの技術を持つエンジニア