内定者が新卒1年目の先輩社員にインタビューVol.4『先輩社員に目標を聞いてみた!』編

こんにちは、採用広報のやざわです。
昨年からお送りしている記事、『内定者’s Interview Vol.4』をお送りします!

今回のテーマは「先輩社員の目標」について。
3名の内定者が、Gunosyで働く先輩社員が目指していること、身に着けたい能力など、ここでしか聞けない話をお届けしていますので、就活生の皆さんはぜひご覧ください

f:id:gunosy_media:20200324180131j:plain

Profile

松本さん(写真左)/ビジネス職内定者
横浜国立大学出身。現在Gunosyにて内定者長期インターン中。
さん(写真中央)/エンジニア職内定者
慶應義塾大学大学院出身。自然言語処理の研究室にて漢字造形の感情分析の研究を行っている。
濵下さん(写真右)/エンジニア職内定者
筑波大学大学院出身。自然言語処理の研究室で文短縮、文書要約の研究を行っている。

01.ビジネス職内定者1名が広告セールス担当の社員にインタビュー

よろしくお願いします!今はどのようなお仕事をされていますか?

アドネットワークと呼ばれる広告商品に携わっています。簡単に言うと、外部パートナーメディアさんの広告配信枠を広告運用するお仕事です。

Gunosyの業務の中で身につけたい力はありますか?

Gunosyでは数字が共通言語という文化があります。僕は元々数字で物事を捉えるという事はあまりしてこなかったので、具体的に戦略を立てて、どれくらいの数字が出るかを予測できる力を身に付けたいと思っています。今はアドネットワークの売上を達成する事がその能力に繋がると思い、日々業務に励んでいます。

数字を基に職種関係なく話ができる環境はとても感じます!今後やりたいと思っている事は何かありますか?

入社前から、スポーツクラブのGMになり、世界で一番のスポーツクラブを作りたいという夢があります。そのためにGunosyでは人から愛されるサービスの作り方を学び、定量的な一面だけでなく、定性的なブランディング力も強めてスキルアップに繋げたいです。ゆくゆくはスポーツ事業の仕事をしている方と交流したり、新しい企画を考えていきたいとも思っています。

Gunosyには吉野さんの夢を応援してくれる環境はあると感じますか?

とてもあると思います。社内の方に自分のやりたい事を話すと、スポーツ業界の方を紹介してくれたり、目標や夢へのアドバイスを熱心にしてくれる先輩がたくさんいます。入社前から、自分の夢をCOOや人事に伝えていたので、声を掛けていただくこともあり、個人の夢を受け入れてくれる会社だと感じます。

02.エンジニア職内定者2名が「広告配信の最適化」における開発を行うエンジニア社員にインタビュー

本日はよろしくお願いします。早速ですが今後、桾澤さんはどのような仕事をしたいと考えていますか?

フルスタックエンジニアを目指しています。具体的には、サーバやインフラ、クライアントなど色々できるエンジニアになりたいです。

なぜ、そのように考えていらっしゃるのですか?

私はGunosy Tech Labという組織に所属しています。そこでは、機械学習以外にも、データ分析、サーバーメンテナンス、インフラ開発など様々な事を行っています。業務を通して新しい知識が増えている事が楽しいと感じ、フルスタックエンジニアを目指すようになりました。また、今は変化が早い時代なので、1つのスキルだけを極めるのではなく、様々な知識を習得する事がキャリアアップに繋がると思っています。いつかは新規アプリ制作にも携わってみたいですね。

やりたい事のために意識している事や、やっている事はありますか?

自分の能力を把握して、1人じゃ解決できない時は違う方法をとるようにしています。例えば、課題に対して5分考えても分からない場合は、素直に人に聞くようにしています。これをする事で考える力も培われる上に、知識を他の人からインプットする事もできます。

判断時間を設けることで自分の力量が図れるんですね!

ちなみに、Gunosyの評価制度は成果目標と行動目標を自分で設定して、その達成状況で評価をされる仕組みになっています。成果目標は、例えば新しくサーバー構築するなどの成果を設定し、行動目標は成果目標を達成するためにどういう行動をするか設定します。自分のやりたい事を行動目標に設定できるので、より仕事を楽しめるようになっています。

フルスタックエンジニアになる事を意識して行動目標も設定できるんですね!

 Gunosy内定者がGunosy新卒1年目にインタビューする「内定者’s Interview」は以上となります!全4回をお届けしてきましたが、会社の魅力が少しでも伝われば嬉しいです。お読みいただき、ありがとうございました。

過去の記事は下記リンクよりご覧ください。