Gunosyのカルチャー、はたらくひとを知る「グノシル」

Gunosyで活躍する女性社員に密着vol.10~女性向けアプリのマーケ責任者、妊娠・出産を経て成長できた理由とは

こんにちは採用広報のやざわです。

今回は、女性向け情報アプリ「LUCRA(ルクラ)」のマーケティング担当の女性社員にインタビューしました。妊娠・出産等のライフステージを経て今なお最前線で活躍される仕事術を伺ってきました。Gunosyの産休制度についてもご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。 

f:id:gunosy_media:20200120130003j:plain

Profile

深谷さん/
大学卒業後、大手の広告代理店企業に新卒入社。そこでは、モバイルが普及していたことからアドネットワーク事業の立ち上げを経験する。2014年にGunosy入社。広告事業にてセールス、マネージャーを担当したのち、産休・育休を取得。復職後は「LUCRA(ルクラ)」のマーケティング責任者に就任。市場調査や新規施策などサービス向上に大きく貢献している。

事業立ち上げが大きな経験値に

これまでの経歴について教えてください

新卒で大手の広告代理店に入社し、モバイルのアドネットワーク事業の立ち上げに関わりました。プロデューサーという肩書でしたが、当時は新しいサービスを伸ばすために企画も営業も担当して、日々せわしなく動いていたのを覚えてます。でも若手のうちから裁量権を持って働ける事を望んでいたので大変という感覚はなく、むしろ毎日が楽しかったです。

 転職のきっかけとGunosy入社の決め手は何ですか?

もともと同じ業界ということもあり、CEOの竹谷さんとは知り合いでした。竹谷さんがGunosyに入社されてからも交流は続いていて、その時に取締役の木村さんにもお逢いしています。木村さんからは事業の展望などビジョナリーな話を伺い、それがきっかけで入社を決めました。

Gunosyの規模もまだ小さい時で、確かにチャレンジングな状況ではありました。ただ、成長する姿が見えていましたし、何より会社の成長期に働ける機会なんて滅多にない事ですから。もし失敗しても、Gunosyで得られる経験は自分にとってネガティブになることはないと考えていました。

 現在ご担当されている業務について教えてください 

昨年産休を取得させていただき、復職後の現在は「LUCRA(ルクラ)」のマーケティング責任者をしています。

ただ、はじめからマーケ職だったのではなく、純広告をメインに広告のセールスを担当していました。立ち上げだったので、代理店・直販のチャネル開拓からイベント出典まで幅広い業務を担当させていただきました。1年後にはメンバーも増えていたのでマネージャーも経験しました。それから入社して4年が経ち、新しい挑戦をしたいと考えていた頃に新規アプリの話を聞き、マーケ職を希望したところ、現在の「LUCRA」事業部へ異動することになりました。

f:id:gunosy_media:20200120130034j:plain

 産休・育休の裏側、復帰で1番不安だったこと

産休・育児休業期間はどれくらい取得されていましたか?

好きな仕事を続けたいという気持ちが強かったので、周りのサポートもありながら臨月まで働くことができました。

育児休業は1年間取得しました。Gunosyの制度では法律の定めに準じた産休・育児休業が取得できます。最近は男性社員でも取得される方が増えてきました。復職する時にも、人事・労務や各部署の方々が調整してくれて復職者の意思を尊重してくれます。私も育休前と変わらず「LUCRA」事業部のマーケ職として復帰することができました。

復職にあたって不安などはありませんでしたか?

マーケティングの経験も浅いままだったので正直不安でした。それに、インターネット市場は半年の間でも新しいサービスが出たりと色々な変化が起こります。さらに育休中は子供と過ごす時間を大切にしていました。ですので、情報を1年間キャッチアップできていない状態で周りの人達に追いつけるかが心配でした。

復帰後は業務と並行してマーケティングの知識を学んだりと大変でしたが、チームのサポートもあって乗り切ることができました。上司はいつも「子供ファースト!」と言ってくれ、チームメンバーも理解があり本当に毎日支えられています。

家庭や仕事に対して気持ちの変化はありましたか?

産休・育休のブランクはありましたが、得た物もあります。例えば、子供のお迎えなど時間に制約があるので、短時間で業務をこなせるよう集中力が高くなったと思います。朝方になったこともあり、特に頭が冴えてる午前中に重たいタスクを片付けるので、後回しにすることがなくなりました。

両立するコツは、仕事も家庭も、その瞬間にフォーカスしてとにかく集中することです。時間は限られているからこそ、5分でも10分でも集中してタスクをこなします。また私にとっては夫婦関係を良好に保つことも重要です。共働きの子育てだとすれ違いも多くなりますが、一緒に過ごす時間は大切にして、なるべく会話を増やすように心がけています。そうすると家庭も仕事も大事にできて両方を楽しめるようになるんです。

f:id:gunosy_media:20200120130025j:plain

自分で決めて選択できる自信を

ご自身が思う女性としてのキャリアプランはありますか?

目の前の仕事に集中した結果が今のキャリアにつながっていると思います。あまり長期的に考えすぎてもその通りにならないこともあるので詳細のプランは持っていません

でも、志として持っているものはあります。それは世の中の女性をエンパワーメントしたいということです。個人の選択はもっと自由で多様であるべきだと思っていて、一人一人が自信を持って、自己肯定感高く生きていけるサポートができたら嬉しいなと思います。それを今はLUCRAを通して実現したいと考えているところです。

一緒に働いてくれるメンバーにも同じことを思っていて、毎日楽しく働けて、成功体験を積み重ねながら自信を持って仕事に取り組んでくれる環境を提供したいと思っています。そのためにできることは何でもしたいです。

Gunosyで働いている女性メンバーはやりたい事やプライドをしっかり持っている方が多く、一緒に働いていると勇気をもらえます。だから「LUCRA」に対しても同じ気持ちを持っていて、まだ1サービスに過ぎませんが女性の生き方など自由な選択をするための存在になれたらと願っています。

f:id:gunosy_media:20200120130039j:plain

Gunosyでは、一緒に働くメンバーを募集しています。
ご興味がある方、ぜひカジュアルにお話しませんか?下記リンクより、ご連絡お待ちしております。