読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


はたらくを知り、Gunosyを知る。

Gunosyの新たな挑戦「新規事業開発室」とは?

こんにちは。広報のおだんみつです。今日は新しく募集をはじめた求人ページ用の写真撮影をおこないました!


▶採用情報: 5年、10年先のGunosyの未来をつくる新規事業開発エンジニアの募集をはじめました!

f:id:gunosy_media:20170208165346j:plain


新規事業開発室は、CEO福島が直轄する新設の部署です。「グノシー」や「ニュースパス」で培った開発ノウハウを活かして、VR・ARや音声UIなど拡大が見込める技術を研究し、新しいサービスの可能性を検討しています。

直近では、CtoCコマースの横断検索サービス「Bazzary(バザリ―)」(※1)を開発したエンジニアの榎本が「Gunosy MVP Award」に選ばれていて(※2)これからの活躍が期待されているチームです。

※1…「Bazzary」の開発はこちらのインタビュー記事で詳説明しています

※2…MVP受賞の様子はこちらのブログで紹介しています

VRゴーグルに音声アシスタント端末にドローン……と展示会のような風景。デバイスを実際に起動させながら撮影したので、Hololensを着けた奥の2人は視界にうつったポップアップを開いたり閉じたりしています。

f:id:gunosy_media:20170208175233j:plain

オフィス内のフリースペースで撮影をおこなっていたところ、マーケティングチームのメンバーが立ち寄って即席VR体験会。Gunosyで最もVR・ARに詳しい執行役員の松本が使い方を教えていました。

f:id:gunosy_media:20170208181758j:plain

松本は、エンジニア以外の社員にもよく「この業界にいるなら新しい技術はどんどん触ってみてほしい」と声をかけています。先日もこんなツイートが。

今このタイミングのGunosyだからこそ、携わるチャンスがある新規事業。気になる方はいつでも気軽に話を聞きにいらしてくださいね!